沿革

オーケストラ立ち上げまで

2004年11月14日夜、文化祭ミュージック・フェスタの打上げの席で、地元(埼玉県ふじみ野市)にオーケストラを作ろうという話がまとまり、
翌日から具体的な準備を始めた。市民、東邦音大生、尚美学園大生に呼びかけ2005年1月15日に顔合わせを行った。

第1回演奏会〜オペラ公演

12月17日、ふじみ野市公民館館外協力員連絡会主催「歳末コンサート」に出演する形で第1回目の演奏会を開いた。
曲目はベートーヴェンの交響曲第1番のほか、カルメンから前奏曲、闘牛士の歌などを取り上げた。

この演奏会の一ヶ月前、11月19日には上福岡童謡サークル主催の「第3回童謡・イン・上福岡」でピックアップメンバー
により歌の伴奏をした。

2006年1月22日、ふじみ野市くらし安全課主催のニューイヤー・コンサートでプロのオーケストラに混じって有志が2曲
演奏した。また、3月4日上福岡公民館・上福岡西公民館主催の「夕鶴」ハイライト公演に上福岡フィルのメンバーを
中心にした15人編成のオーケストラを組織して伴奏をした。

第2回演奏会〜

7月1日には第2回演奏会「七夕コンサート」を、新しく出来た市サービスセンターホールで開催した。内容はモーツァルト
の「アイネクライネ・ナハトムジーク」、ラヴェルの「亡き王女の為のパヴァーヌ」などであった。

10月7日には入間東部市民オペラの会主催の喜歌劇「ボッカチオ」の伴奏を行い、12月16日には当団芸術監督、小林浩氏
のテノールリサイタルの伴奏を行った。

2007年以降は年に3〜4回の演奏会を行い、現在に至っている。