演奏会情報詳細

上福岡フィルハーモニー管弦楽団 特別演奏会

チラシ画像
チラシを拡大表示
公演日 :
2011年12月4日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所 :
ふじみ野市勤労福祉センター ホール
(埼玉県 ふじみ野市/最寄り駅:東武東上線 上福岡駅)
ピアノ :
松村 英臣
管弦楽 :
上福岡フィルハーモニー管弦楽団
指揮 :
芳賀 大和
入場料 :
2,000円(当日は2,100円)

演奏曲目:

W.A.Mozart Konzert für Klavier und Orchester Nr.24 c-moll, K.491
M.P.Mussorgsky / 徳備康純 編 Tableaux d'une exposition(展覧会の絵)
等々

Check!!

松村英臣によるモーツァルト ピアノ協奏曲第24番

本演奏会の目玉、モーツァルト(1756-1791)のピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491では、世界三大コンクールの1つ、チャイコフスキー国際コンクールのファイナリストである、ピアニスト 松村英臣 をソロに迎え共演致します。
この作品は、他の「モーツァルトらしい明るい曲」とは異なり、暗く情熱的な曲です。 モーツァルトが生きた時代は明るい曲が人気でしたが、この暗く情熱的な曲は、モーツァルトが本当に書きたかった曲ではないでしょうか?

第1楽章のカデンツァや、第2楽章、第3楽章のアインガングは、モーツァルト自身のものは残されておらず、その他にもピアノのパートを完成させていない部分が幾つかあります。 これらは、モーツァルトが自身の演奏会で即興演奏した部分であると推測されております。 今回、ピアニスト松村英臣によりどのようにモーツァルトの世界が展開されるか、聞きどころです!!

松村 英臣 ( ピアニスト )

松村英臣 写真

大阪音楽大学附属高等学校を経て大阪音楽大学卒業、同大学院修了。
大島 壽、沖本ひとみ、松浦豊明、故マックス・エッガーの諸氏に師事。
86年デビューリサイタル開催。90年第9回チャイコフスキー国際コンクールにおいてディプロマを受けると共にベスト・バッハ演奏者賞を受賞、モスクワ音楽院大ホールにおける記念演奏会に出演。以後、その活躍は目覚しく、各地でリサイタルなどソリストとして活動を展開し、国内でも90年松原市文化賞、91年大阪府民劇場奨励賞、92年東京ベストサンクス賞、89・90・94・04年大阪文化祭賞奨励賞、さらに06年には文化庁芸術祭優秀賞など数多くの賞を受賞。
02〜05年、7回にわたってベートーヴェンのピアノソナタ全曲演奏を行い、続いて07〜10年には4回にわたりJ.S.バッハの平均律クラヴィーア曲集全曲を演奏。ダイナミズム溢れる深い構築性によって、ヴィルトゥオーソとしての力量を示した。また、オーケストラとの協演も多く、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪センチュリー交響楽団、大阪交響楽団(元大阪シンフォニカー交響楽団)、大阪市音楽団、テレマン室内管弦楽団、モーツァルト室内管弦楽団等と度々協演を重ね、いずれも高い評価を得ている。その活動はソロのみならず、声楽や器楽のリサイタルの伴奏者としての信頼も厚く、あらゆるジャンルに順応しながら、多岐にわたるレパートリーを持ち、独自のピアニズムの世界を築き上げている。
その他、NHK-FMリサイタル、FM大阪、朝日放送ラジオ、TBSラジオ等に出演する他、テレビ出演も数多い。CDでは「チャイコフスキー<四季>」、「松村英臣ロマンティックセレクション」がリリースされている。
現在、大阪音楽大学で後進の指導にあたる傍ら、全国各地で精力的な演奏活動を展開している。日本演奏連盟会員。

大阪アーティスト協会
〒530-0041大阪市北区天神橋2-5-25-909
TEL 06-6135-0503 FAX 06-6135-0504

ピアニスト松村英臣のホームページ

チケット:

チケットの前売りは、喫茶「歩歩」( 上福岡公民館上福岡西公民館上福岡図書館フクトピア内 )にて取扱中です。

チケットの取り置きをご希望されるお客様、又、本公演に対するお問い合せにつきましては、 お問い合せフォームにて以下の内容を記載の上、お問い合せください。 改めて、担当の者よりご連絡致します。

  • お名前
  • ご連絡先
  • ご購入枚数(チケット購入をご希望される場合)